どこで修理してくれるの?iPhoneを修理に出す場所とは!?

正規の店舗で修理できる


iPhoneを修理できる場所として、まず販売元があります。販売元の直営店に持ち込むか、ホームページを経由して配送することで対応してもらうことが可能です。バッテリーや電源など故障の状況を選んで情報を入力するだけなので、地方に住んでいる場合は配送を利用しましょう。
次に販売元が認定する正規のプロバイダで修理してもらうこともできます。正規の認定店舗は全国各地にあるため、なるべく持ち込んで修理対応してもらいたいならばこちらの方法がおすすめです。携帯キャリアの保証に加入している場合は、本体の交換や修理費用の負担といったサービスが用意されています。保証で修理してもらう場合は、正規のプロバイダに依頼のするのが必須の条件です。

非正規の店舗とそれぞれのメリット


iPhoneは正規の店舗だけでなく、非正規の店舗でも修理してもらえます。店舗数が多く対応までの待ち時間が短いため、なるべく早く修理してもらいたい場合はおすすめの方法です。非正規の店舗は部品を交換するだけなので、データを消さずに修理対応できるのも大きなメリットですよ。水没してしまった端末のデータを復旧するといった非正規ならではのサービスも用意されています。
また、販売元や正規のプロバイダを利用してiPhoneを修理するメリットとして、純正の部品を使って修理することがあげられます。保証に加入していれば費用を安く抑えられるのも魅力です。故障の状況にあわせてどんな方法で修理をすればいいか検討してみましょう。