どれくらいかかるの?iPhoneを修理に出して手元に戻るまで

オフィシャルの修理の期間


iPhoneの修理をオフィシャルの修理に出す場合、持ち込みと配送の2種類の方法があります。
店舗に持ち込む場合は、事前の予約が必要となり修理の内容により期間は異なりますが、本体交換修理やバッテリー交換は基本的に即日修理が可能です。
ディスプレイ修理に関しては5日ほど必要なケースもあります。
近くに修理を行っている店舗がない場合や、営業時間中に訪れることが出来ない場合は配送修理という方法もあります。配送修理の場合は配送にかかる時間もありますので、修理に5日ほどは必要です。
オフィシャルによる修理は修理内容やiPhoneのモデルなどによっても価格が異なりますが、補償サービスプログラムに加入している場合は安価に修理が可能です。

非正規による修理とは


iPhoneの修理はいわゆる正規の修理だけではなく非正規の修理業者があり、町中にも至る所で営業しています。
非正規の修理業者であっても、総務省が始めた登録修理業者制度に登録することが可能です。
非正規の修理業者の最大のメリットと言えるのが待ち時間が短いということです。町中にある修理業者の店舗に持ち込みで依頼をしたとしても何時間も待たされるようなことは基本的にはありませんし即日受け渡しが基本です。
また、正規の場合はリセットをかけることが基本となりますが、非正規の修理業者の場合必要な部分だけの修理を行うのでデータが消えないというメリットがあります。
正規の店で断られた内容の修理も可能なことがあるのが非正規のメリットです。

スマホの即日修理にも対応している業者を選ぶのが、スムーズにiphone6Sのガラス交換を行う最善の方法です。経験豊富なスタッフがいる修理店であれば、すぐに対応してもらえます。